不動産投資とローン返済

不動産投資とローン返済

不動産に投資をする場合、資金を調達するためにローンを借りるのが普通です。もし思い切って、アパートやマンションごと投資するのであれば、かなり高額な融資となります。金融機関からはそれなりの条件が出てきます。信用力が高い個人、すなわち、上場企業の職員や公務員などであれば、ローンを組む際のハードルも低くなります。

 

問題は独身の人や勤続年数が短い人の場合です。特に独身者がローンの連帯保証人として両親などを指定するような場合、両親の年齢が高い場合などは保証人として認められないことがあります。不動産への投資に対するローンでは、投資対象に対して抵当権が設定されるでしょう。

 

金融機関が万一の場合の担保とするためです。資産価値の低い不動産物件の場合、ローンで得られる融資額が少なくなってしまう場合もあります。不動産投資の場合、投資している人はいわゆる大家さんに当たるので、物件のローン返済だけではありません。大家としての責務、すなわち修繕費や維持費などにあてるため、それなりの自己資金も必要になってきます。

 

不動産投資の場合はできるだけ早くローンを返すようにというのが一般的です。とはいえ、ローンの返済を急ぐあまり貯金をしていなければ、突発的な事態が生じたときに困ってしまうので注意が必要です。不動産投資であれなんであれ、ローンの返済期間や金額を設定する際には決して無理をしないことです。